--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一家。

2013年09月18日 12:12



13700010-1.jpg
|Canon AE-1 / Film不明 / @篠山(俺たち昭和生まれ!の図)





台風が去って、空気が秋めいてきた。
風がゴーゴーすごくて、夜中少し怖かったな。
旦那はそんなことお構いなしで、ガーガー寝てたけど。


台風の風が残る夕方、旦那の実家へ様子を見に寄ったら
お母さんが外玄関の電気を点けた途端、家中が見事なほど真っ暗に。
テレビも、電話も、炊飯ジャーも、何もかも消えちゃって
お母さんは、あれ?何でやろ?とスイッチをパチパチ入・切にするんだけど
何してんねん!早く電気を点けんか!暗くて立たれへんやん!
そこちゃうわ!右の一番下やろが!どこ押しとんねん!と
お父さん&おばあちゃんの関西弁の野次が、容赦なくお母さんに飛んでくる。
こりゃ、阪神タイガースの選手たちは、大変だろうな。
関西で生き抜くには強くならなければ。

考えるまでもなく、パチパチするスイッチで
テレビや、電話や、炊飯ジャーのスイッチが切れるはずもなく
明らかにお母さんのせいじゃない。

ブレーカーが落ちたんじゃない?と言うと
まったくのその通りで、ブレーカーだった。

そもそも、外玄関のスイッチで落ちたとなると、そこの電灯に問題があるんじゃないかと、
お父さんが電灯カバーを開けて見てみると
バシャーン!と、一瞬にして“水もしたたるいいお父さん”に変身。
まるで、ドリフだったよ。
志村、後ろ!お父さん、上!みたいな。

まとめると、電灯カバー内に雨が貯まり、スイッチを入れた途端ショートしたようだ。
その電灯と配線が一緒の電話機までショートして、通話のできないおもちゃになった。
お店の電話だったけど、定休日だったので不幸中の幸い。

台風18号による、実家のアクシデント。
お母さんが、汚名が晴れたわと、すっきりしてた。
そりゃそーだ。あそこまで言われたらね。と、私と二人で大爆笑。
お父さんの濡れ場も、お母さんにしたら、してやったりだろうな。
くくくく...。








おぉ、旦那よ!
荷物を持たせたまま撮ったら、オ○クっぽくなったぞ!

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rumy0728.blog24.fc2.com/tb.php/208-308ef323
    この記事へのトラックバック


    記事一覧


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。